お問合せ

CONTACT

社内の成長株を見抜こう。伸びる人の8つの特徴とは?

ブログ

スタッフで伸びる人を見ていると、リーダー、新入社員問わず、共通して特徴があります。
その特徴を8つにまとめました。

社内の成長株をいち早く見抜いて、優秀な人材へと育てましょう。

スタッフ自身が、自分を振り返るチェック項目としてもお使いいただけます。

伸びる人の特徴 ①素直

どの世界でも、言われたことに対して何事も「はい」と素直に返事をし、素直にやってみる人は成長が早いです。
会社であれば、社長や上司がうまくいく方法を伝えているわけですから、それを素直に受けとり、実行していく後輩はどんどん伸びていきます。

一方、「えーっ、イヤです」「私にはできません」と否定する人は伸びていきません。行動に移さないからです。
成功も失敗もしないため、経験が積み重なっていきません。

「理解してから行動する」という人がいますが、正しいのは「行動したから理解できる」です。
やってみて初めて、行動の意味が理解できるのです。

会社での指示命令は、素直に「はい」と言って行動することを徹底させましょう。

すごく当たり前のことなので、私自身、人材育成の現場でも「素直であること」の大事さは何度も伝えます。

伸びる人の特徴 ②前向き

どんなことが起きても、前向きな人や、プラス面を見ることができる人は伸びていきます。
仕事では失敗はつきもの。失敗したときも、現実を直視し改善点を見つけて、さらによくなろうとするからです。

また、前向きな人は、社内の雰囲気を明るくします。
トラブルなどがあり、暗いムードになった場合に、プラス面を見つけたり、ユーモアをまじえたりして、皆の気持ちをあげていきます。

そのようなムードメーカーは、とても重要です。

伸びる人の特徴 ③すぐ行動する 

伸びる人は行動が早いです。
社長や上司から言われたら、すぐに行動
いいと思ったら、すぐに行動
必要だと思ったら、すぐに行動

すぐに行動できない人は、なかなか結果が出ないため、成長が遅れます。

仕事ではスピードと量が重要です。

伸びる人の特徴 ④継続する

継続できない人、三日坊主で終わる人は、当たり前ですが伸びていきません。
継続すると、習慣化されます。
経験の中で改善して、スキルがアップします。

始めてから成果が出るまで、少し時間がかかります。
途中で諦めてしまう人がいるなら「もったいない」「もう少し続けると結果が出るよ」と声をかけ、継続へと導きましょう。

伸びる人の特徴 ⑤人のせいにしない

「誰か」や「環境」のせいにしている人は、伸びません。
人のせいにしているうちは、自分が変わらないからです。
何かがうまくいかないとき、多くの場合、自分に変わるべき点があります。

それを見ずに、他のせいにしているときは、自分から逃げているときでもあります。

伸びる人の特徴 ⑥言い訳しない

言い訳をする人は、伸びていかないです。
ですが、言い訳を事実だと思っている場合があります。
「時間がありません」という場合、本当に時間がないのではなく、「時間を作り出していない」ということだったりします。

電車が遅延して集合時間に遅れた場合、電車が遅延したからというのは言い訳で、「見込みが甘かった」というのが本当の理由です。

そういった言い訳を排除し、自分を厳しく見つめることが成長につながります。

伸びる人の特徴 ⑦柔軟である

今の自分の姿勢や考え方を柔軟に変えられる人は、伸びていきます
成長するとき、次のレベルにいくときは、今までの考え方・やり方を全く変えなければいけないからです。

一方、自分の姿勢や考え方に凝り固まっている人は、そのやり方にとどまってしまい、次のレベルにいくことが難しくなります。

例えば、スタッフから管理職に昇進したとき、
スタッフの考え方から、管理職の考え方へと変わらなければいけません。
それは、真反対の考えだったりすることも多いのです。
その転換ができないと、管理職として成果が上げられなくなります。

また、職種の配置転換したとき、
違う視点から仕事をとらえて、その部署に慣れなくてはいけません。
「今まではこうだったから」という過去の話が通用しないことも多々あります。

時代の流れが変わった場合も同じです。
「今まではこうだったから」が通用しないことが出てきます。
まさに、コロナ禍を経験している今が、そうでしょう。

柔軟に対応できるとは、生き延びるために必要なことなのです。

伸びる人の特徴 ➇好奇心旺盛

「新しいことを学ぶのが好き」「新しいことをするのが好き」という方は伸びていきます。
ビジネスにとって現状維持は後退です。
常に時代に合わせて、新しいことを取り入れ、試していく必要があります。
特に、コロナがあって、時代の変化は早まりました。

好奇心をもって取り組める人は、新しいものを生み出しますし、伸びていきます。

 

伸びる人の特徴は以上です。
新入社員のときはできても、長年勤めたり、中堅社員になってくると素直さがなくなってくるなどもあります。
また、社長や上司がこれらの特徴をもっていなければ、スタッフはそれでいいんだと思ってしまいます。
スタッフも社長も、この特徴を常に意識して思い出し、自分を整えていくという姿勢が大切です。

【関連記事】

同僚の欠点は言うが、自分の欠点は直視しない

スタッフのコミュニケーション力が低いときは

リーダーが自発的に動かないのは、何が足りないからか?

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。